クール便 包装・のし

ボルス パイナップルチポトレ 700ml

価格(税込)
¥1,879
※クール便はお客様ご自身で、お選びいただけます。また、別途216円が加算されます。
商品コード
47908
在庫
在庫あり

フルーツと香辛料のコラボレーションから生まれた新感覚のリキュール。「チポトレ」とは燻製した唐辛子を原材料とする香辛料で、主にメキシコ料理に使用されます。パイナップルの濃厚なフレーバーの中にもピリリとスパイシーな後味を楽しめます。

テイスティングノート
【味わい】
フレッシュでジューシーなパイナップルから、チポトレ(ハラペーニョ)のスパイシーな後味へと続く。
【香り】
フレッシュでジューシーなパイナップル。ハラペーニョも軽く感じられる。
【カラー】
明るく透明なイエロー。
【楽しみ方】
カクテルの材料に。シューターとして楽しむのも◎。
【歴史】
パイナップルの原産地はブラジルやパラグアイ、次第に南アメリカ全域やカリブ海諸国へと広まっていき、やがてメキシコのマヤ人やアステカ人によって栽培されるようになりました。そして1493年、グアドループ島でコロンブスによって発見されます。コロンブスはパイナップルを「ピニャ・デ・インデス」すなわち「インド人の松」と名づけ、ヨーロッパに持ち帰りました。またオランダ人によって、オランダの植民地だったスリナムから北ヨーロッパに持ち込まれもしました。ただ温室栽培の設備費や人件費、また輸入費が膨大にかかったことから、パイナップルはほどなくして富の象徴として知られるようになりました。18世紀後半には、イギリスの裕福な貴族が競うようにしてパイナップルを農園で栽培するようになりました。パイナップルは当初、食用ではなく、主に晩さん会を演出する飾りとして用いられていたそうです。
【マスターディスティラー(最高蒸溜責任者)からのコメント】
チポトレ(ハラペーニョ)とのコラボレーションは、アメリカやカナダでトレンドとして注目されています。このトレンドがヨーロッパやアジアにも広がるだろうと考えて、パイナップルのフレッシュさとチポトレのパンチの効いたフレーバーをブレンドして、エキゾチックなリキュールを生み出しました。


アサヒショップではこのほか、30種類以上のボルス商品を取り揃えております。
>>> ボルス全商品ラインアップはこちら!

最近見た商品